Search ログイン

株式 & 株価指数の利益をシェア

配当金の詳細およびそれが取引に及ぼす影響を学びましょう

配当金とは?

一部の企業は、定期的な収入の一部を 株主と共有しています。これらは配当金と呼ばれ、収益性の高い会計年度の兆候と見なされ、 投資家にとって魅力的なインセンティブです。

投資家は、所有する株式の額に基づいて配当金を受け取ります。 会社が支払いの決定を発表すると 全配当期日と呼ばれる特定の日が設定されます。この時点より前に株式を所有している人は誰でも配当の対象となります。

しかし、トレーダーはどうでしょうか?CFD商品トレーダーが株式や株価指数を取引している場合、配当の影響を受けますか?答えはイエスです。トレーダーは実際に会社の株式を所有していないにもかかわらず、配当は市場での株式CFD商品の価格を劇的に変えます。

こちらは例です:

お客様はAppleの100株でロングポジションを持っており、$ 0.07の配当が宣言されます。お客様は、全配当期日を通してポジションを開いたままにしていました。したがって、残高には$7(100*$0.07=$7)が表示されます。ショートの場合はどうでしょうか。今度は全配当期日の後、お客様の残高から$ 7が引き落とされます。

注: 株式または株価指数CFD商品は通常、配当発表で価値を獲得または失います。これは突然の価格変更をもたらし、通常は配当額の貸方/借方を相殺します。

次回の配当金

トータルリターン指数のポジションを保有しているお客様の場合、配当は自動的に
指数の価格に反映されます。(DAX30 CFD商品は、配当金として差し引かれません/付与されません。

金融商品のショートポジションを保有しながら、十分な証拠金を持たないお客様のために、弊社では
一時的な証拠金免除を適用します。その後、配当額が適用され、証拠金免除が削除されます。